一般的な葬儀を千葉で行う時の流れについて①

長年生活を共にしてきた家族との別れは誰しも悲しいものです。

悲しみに暮れるお気持ちは察しますが、故人を悼みお見送りする「葬儀」を行わねばなりません。

多忙な現代社会では、お亡くなりになってから葬儀が終わるまで3日程度が常識です。

もし千葉にお住まいの方が亡くなった場合、参列者の都合やご遺体の搬送などの負担などもあるため、葬儀は千葉でおこなうのが望ましいです。

こちらでは、一般的な千葉での葬儀について説明します。

【ご臨終から葬儀の決定まで】

まず最初に、ご臨終に立ち会っていない他の家族や親戚、生前親しかった知人や関係者に亡くなったことを連絡します。

ご遺体の安置が必要になりますので、霊柩車・寝台車の手配をします。

葬儀会社がセットとなって行ってくれる場合が多いため、この時点で葬儀社に連絡をして葬儀場の手配まで済ませておくことがベターです。

葬儀場は、宗派やどのような形式で行うかで規模やプランも変わってきます。

段取りが決まったら喪主を誰にするか決めましょう。

喪主は葬儀を執り行うために重要な役割を果たすため、故人の配偶者や長男などがなるのが一般的です。

【忘れてはいけない手続き】

千葉だけでなく、葬儀はほとんどが火葬になります。

まず死亡診断書もしくは死体検案書を発行してもらいます。

それを区役所や市役所などに提出し、死亡手続きを行います。

「死体埋葬火葬許可証」が発行されますので、それを葬儀会社に提出しましょう。

許可証がないと火葬ができないため、早急に行う必要があります。