一般的でない特殊な葬儀は千葉で行うことはできる?

葬儀の多様化に伴い、いろいろな方法で故人を見送ることができるようになりました。

一般葬や家族葬、直葬などは基本的には「仏教」の方式で葬儀を行います。

しかし、故人の強い意向で無宗教で行いたい、特殊な方式で葬儀を行いたいと言った場合はどうでしょう。

千葉の葬儀社ではもちろん、そういった特殊な葬儀を承っているところがあります。

希望の内容に合わせて葬儀社を探してみましょう。

特殊な葬儀には、以下のようなものがあります。

【無宗教葬】

日本は仏教だけではなくさまざまな宗教を信仰している人がいますし、外国人も多数います。

弔問客の宗派を問わず参加することができ、故人が宗教に縛られない葬儀をしたいと希望する時などに最適なのが無宗教葬です。

流れとしては、一般葬から仏教の要素を抜いたものと考えてよいでしょう。

読経の代わりに黙祷を行い、焼香の代わりに献花を行います。

葬儀の最中は、スライドなどで在りし日の姿を偲んだり、スピーチをしたりと自由な形式で行うため人気です。

※多様化する葬儀の形に関する気になるニュース…https://www.sankei.com/life/news/180511/lif1805110006-n1.html(産経新聞が開きます)

【音楽葬】

有名なミュージシャンが亡くなった時などに報道で見たことがある人もいると思いますが、一般の人でも音楽葬を行うことが可能です。

無宗教葬に似た側面がありますが、読経の代わりに故人の好きだった音楽を流すなどして故人を偲びます。

また、音楽ホールを貸し切って生演奏で葬儀を行うことが可能です。

参列者や遺族で音楽を聴きながら歓談する時間があったりと、自由な形式の新しい葬儀といえましょう。