一般的な葬儀を千葉で行う時の流れについて②

葬儀を千葉で行う場合の一般的な流れですが、ほぼ全国で行われている葬儀と変わりません。

ですが、千葉の農村部など、地域によってはお通夜などで風習があるところもあるので確認しておきましょう。

ここではお通夜~葬儀の終わりまでを説明します。

【お通夜】

お通夜とは本来、夜通し灯りをともし家族がご遺体に寄り添う儀式となります。

最近では夜通しの習慣はなくなり、弔問客を招いて概ね18:00~22:00頃までの間で行われるのが一般的です。

会葬礼状や御礼品、通夜振舞い(食事)の準備を怠らないようにしましょう。

【告別式】

お通夜が終わったらいわゆる本葬である告別式になります。

受付に誰が立つか、弔電の確認、焼香の順番などを前もって行いましょう。

またお寺から僧侶が来るためお布施の用意も必要です。

喪主は最後に挨拶を行いますので、挨拶文の用意も忘れずに行いましょう。

また、最後のお別れである出棺の際に故人の好きだったものを少しですが入れることができます。

【火葬】

告別式が終わったら、そのままご遺体は火葬場へ運ばれます。

火葬場に着いたらまず、火葬許可証を提出します。

手続き後、最後のお別れをする時間があります。

火葬の間は別室で待機し、終わった後に「収骨」といって骨を拾う儀式になります。

骨壺に骨を入れ終わったら自宅へ持ち帰ることができます。

火葬許可証は火葬執行済みの印が押されて戻ってきますので、紛失しないようにしましょう。

後日、お墓に骨を入れる「納骨」の際に必要となります。